FC2ブログ

キャットン = Cat + Kitten

お留守番猫さんたちとキャットシッターの日々を綴っています。

CSキャットン5周年


キャットシッターキャットンは本日開業5周年を迎えました。

振り返ればあっという間の5年間でした。
今年こそ、コロナ禍でシッターの需要低下という状況ですが、
当初思い描いた以上に、充実したシッター生活を送っております。

これも日頃からご依頼いただいている皆さまのおかげです。
ありがとうございます。

今回、初めて動物取扱業登録も更新し、改めて身の引き締まる思いです。

これからも、お客様とお留守番猫さんにより良いサービスとサポートができるよう
精進してまいります。

今後とも、よろしくお願いいたします。


テン吉のこと


前回のブログ後、新型コロナウィルスで
すっかり生活が変わりました。

4月と5月は、皆さまご在宅で、
いただいていたシッティングのご予約は
すべてキャンセルになりました。

その分、どちらの猫さんも飼主さんと
ゆっくり過ごしていると思えば、
それはそれでよい時間だったかもしれませんね。



我が家でもテン吉とエル子と
ゆっくりべったりの日々を過ごしていましたが、
残念ながら闘病の時間でした。

テン吉が2月中旬に食欲が極端になくなったので、
動物病院に連れて行くと、
小腸のあたりに腫瘍がある悪性リンパ腫で、
そのまま放っておけば、
食べられずにすぐに弱ってしまうとの診断。

すぐに抗がん剤を始めたところ、1回目はよく効いて、
腫瘍がかなり小さくなり食欲も戻ってきたので
期待していたのですが、
2回目以降は食べること自体がつらそうになり、
抗がん剤は1クール4回で終了しました。

その後は2-3日に1度、水分補給し、
錠剤のお薬だけ毎日飲んで過ごしました。

それでも最期の日まで、ちゃんと自分でトイレに行き、
朝はごはんを少しだけ食べてくれました。

だんだん小さくなっていくテン吉を見るのは
とてもつらかったですが、
4月24日まで丸2ヶ月、ずっと毎日一緒に過ごせたのは
仕事も外出もほとんどなかったおかげです。

まるでこのコロナの時期、
私がずっと看病できるときを選んだかのような闘病でした。

テン吉は12歳4か月でした。

昨年11月末の健康診断では
異常なしと言われていたので、
食欲不振をあまり大きく捉えていなかったのが
悔やまれます。

200613-1.jpg


外出自粛期間に、今まで以上に猫さんの日常生活が
よく観察できた方も多くいらっしゃるかと思います。

いつもと違う不調は早めに診察を受けてくださいね。


    * * * * * * * * * *


さて、6月19日の県外自粛要請解除を前に、
夏のシッティングのご予約も増えてきました。

お客様のお宅の猫さんたちに久しぶりに会えるのを
楽しみにしております。

我が家のキャットンのお留守番


年末年始の繁忙期も落ち着き、
先週は5日間お休みをいただきました。

その間、我が家の12歳双子キャットンズ、
テンとエルはシッターさんつきのお留守番です。

今まで何回かシッターさんにお願いしているのですが、
毎回、超ビビリのふたり。
いつもカーテンの陰や、ソファの下に隠れて、
『幻の猫』に近い状態でした。

それでも男の子のテンは
「シッターさん、来てくれてありがとう」
という程度には顔を見せていましたが、
女の子のエルは
「あやしい。シッターさん、帰るまでじっとしてよう」
と、警戒心が強いタイプです。

今回も初日のレポートには
いつものソファの下のエル子。
200127-1.jpeg


テン吉も下から見上げる目つきで、
「こんにちは、です…」
200127-2.jpeg


2日目以降も、初日と同じような感じだろうと思っていたら…


200127-3.jpeg

200127-4.jpeg

リラックスして、床にコロン、
あくびはするわ、のびのびするわ、
なでなでしてもらって、気持ちよさそうな
エル子の写真が送られてきてびっくり!w(゚o゚)w


目が点になりました。
なんの心境の変化があったのか!?

「いつまでも同じじゃないのよ」
「私だって成長してるわ」
と言われた気がします。

猫も学びます!

200127-5.jpeg

All photos by キャットシッター アマペット 川北麻帆さん


たまには、お客様の立場に立つのも必要ですね。


さて、しっかりお休みもいただきましたので、
5月の連休明けまでは休みなく営業いたします。


あけましておめでとうございます


あけましておめでとうございます。

9連休となった年末年始のお休み、
多くのお客様から長めのご依頼を早々にいただき、
たくさんのお留守番猫さんと過ごしました。

明日からのお仕事や学校に向けて、
ご家族がご帰宅され、
どちらの猫さんも元気に過ごしてくれたことに
感謝しながら、ホッと一息ついています。

今年も、お留守番猫さんと
お出かけのご家族の安心をサポートし、
できるだけ 『いつもとおなじ』 が
猫さんにもご家族にも提供できるよう
シッティングいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

ひーくんのお留守番


元号が平成から令和に変わったこの10連休、
多くのお客様からご依頼いただきました。

天候や気温が大きく変わることも多かった中、
シッティングにうかがった猫さんたちは、
みんな病気や怪我などなく、
元気にお留守番してくれたことに感謝です。


今回はA様宅の2歳半の男の子、ひーくんをご紹介します。

190507-1.jpg


いつも玄関まで迎えにきてくれるひーくん、
シッターが靴を脱ぐ間にもコロンコロン。

190507-2.jpg


今回、お帰りになられたA様から、
「自宅のおもちゃではこんなに遊ばないのですが」
とメールをいただくほど、シッター持参の羽根じゃらしが大好きです。


190507-3.jpg
今日は捕まえる!

190507-4.jpg
待てー!



190507-5.jpg
エイ、エェーイ!


190507-6.jpg
トリャ―、コンニャロー!


ひーくんが遊び疲れて、羽根じゃらしをしまうと、
シッターのバッグをカリカリして、
「もっと遊びたーい」と第2ラウンド。
つい、おねだりに応えてしまうかわいさです。

ひーくん、いつも元気にたくさん遊んでくれて、ありがとう。

A様、今回もありがとうございました。


Menu

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR